トップ 歴史・沿革 役員・会則 スケジュール 入会案内 投稿規定・論文タイトル 活動報告

 

支部会報バックナンバー情報(30〜39号)
印があるものは、残部があります)

発行年月
著者
著者・論文タイトル
       
39号
1981.9
下河辺美知子

非連続の世界における Stranger --『詐欺師』について

 
杉浦悦子
信仰と芸術の間に -- オコナーの『賢い血』試論
 
 
古山みゆき
「主観の喜劇」 -- The Last Analysis 試論
   
広瀬通典
Robert Creely のアメリカ詩壇に於ける位置
   
Miyuki Aoyama
An Examination of "The River Merchant's Wife: A Letter"
   
 
38号 1980.5
杉浦銀策
シンポジアム:アメリカ文学の現況と展望 60年代以前
   
佐藤良明
シンポジアム:アメリカ文学の現況と展望 リアリズムを飛び散らせた力
   
岩元巌
シンポジアム:アメリカ文学の現況と展望 閉ざされゆく60年代の感性
   
佐々木みよ子
武器は手離せない! -- アメリカ西部小説の変遷
   
中道子
物の重み,または想像力の原点 --『死の床に横たわりて』考察
     
37号
1979.7
加島祥造
特集「アメリカン・ヒューマー」 「アメリカのユーモア」司会の弁
志村正雄
特集「アメリカン・ヒューマー」 ヒューモア・トウェイン・ハイカイ・芭蕉
小山田義文
特集「アメリカン・ヒューマー」 アメリカ文学におけるユーモア -- 特にユダヤ系作家を中心に
沼澤洽治
特集「アメリカン・ヒューマー」 「アメリカン・ヒューマー」と『ニューヨーカー』の作家達
渡辺信二
ホイットマン的図式 -- 回帰と帰還
     
36号 1979.2
原川恭一
特集「南部文学と『家』」 南部文学と「家」 -- 司会の言葉にかえて
   
吉田廸子
特集「南部文学と『家』」 南部文学における家と女性についての一考察
湯原剛
特集「南部文学と『家』」 トマス・ウルフの<家>の概念について
長田光展
特集「南部文学と『家』」 [死」と「再生」の場所として -- T. Williams, R. P. Warren, F. O'Connor
 
板橋好枝
The Unholy Grail を求めて -- Lancelot の探究
       
35号
1978.8
斎藤光
ピューリタニズム特集  Sweetness と Excellency --エドワーズの愛用語
渡辺利雄
ピューリタニズム特集  エドワーズとフランクリン
井上謙治
ドライサー特集  ドライサー研究覚書
亀山昭夫
ドライサー特集  初期の小説におけるドライサーの自然認識
小林憲二
ドライサー特集 『欲望三部作』とドライサーの想像力
   
村山淳彦
ドライサー特集 『アメリカの悲劇』の位置
   
野崎清子
『死の床に横たわりて』の寓話性
 
34号 1977.11

大津栄一郎・
上島健吉・
行方昭夫・
川西進

シンポジアム -- ヘンリー・ジェイムズの短篇小説に見られる芸術家の問題
   
o川恙
Wilderness をめぐって
   
國重純二
ナサニエル・ホーソーン -- その少年時代(2)
   
牧野有通
醒めた狂気 -- メルヴィルの世界への一視角
   
佐々本誠治
『八月の光』におけるハイタワー
   
有泉学宙
『叫び』と「恐怖」の構図
       
33号 1977.5
波多野直人
大学院生論文特集  アン・ブラッドストリートの自然観 --「瞑想」を中心に
   
青山義孝
大学院生論文特集  ホーソンの世界 -- 時間と空
   
安原悦子
大学院生論文特集  挑戦と退避 -- ポウの有限な世界
   
田中秀人
大学院生論文特集  ヘンリー・ジェームズにおける「過去の感覚」と「経験の瞬間」 --「楽しき街角」を中心に
   
安井信子
大学院生論文特集  ウィラ・キャザーにおけるフロンティアと庭
   
松本薫
大学院生論文特集  リング・ラードナーの女性たち
   
佐藤幸夫
大学院生論文特集 『キャントーズ』の女性
   
田島伸悟
大学院生論文特集  W.C.ウィリアムズ --「パタソン(I-IV)」における美の探究について
   
平石貴樹
大学院生論文特集  ニック・アダムズと時の主題
   
並木信明
大学院生論文特集  「エミリーへの薔薇」における<町の人々による語り>の問題
   
田村公子
大学院生論文特集 『デルタの結婚式』をめぐって
   
西山僚介
大学院生論文特集  レトリック・知恵・諦念 -- カート・ヴォネガット・ジュニア試論
   
近藤恭子
大学院生論文特集  アメリカ文学批評の新たな動向に関する一考察
       
32号 1976.12
宮本陽吉
アメリカ女流作家特集 女流作家のもつ感性と直観
   
佐藤宏子
アメリカ女流作家特集 アメリカ女流作家研究事始
   
佐々木みよ子
アメリカ女流作家特集 アメリカの女流作家をめぐって -- イーディス・ウォートンの場合
   
矢作三蔵
意味の重層する世界 --「若いグッドマン・ブラウン」論
   
千石英世
『マーディ』,夢の果てへの航海
   
楠原偕子
現代演劇における道化の登場 -- テネシィ・ウィリアムズ『カミノ・リアル』
   
中道子
神話の崩壊 --『見えない人間』試論
       
31号 1976.9
八木敏雄
特集 メルヴィルの曖昧さ 『白鯨』の曖昧さを考えるために
   
島田太郎
特集 メルヴィルの曖昧さ 『白鯨』から『ピエール』へ
   
池田孝一
特集 メルヴィルの曖昧さ 語り手のバートルビー体験 -- <メルヴィルの「バートルビー」の構造>
   
杉浦銀策
特集 メルヴィルの曖昧さ メルヴィルにおけるアンビギュイティ--『詐欺師』の場合
   
高田賢一
アイザック・マッキャスリンの教育
   
正田和紀子
ユードラ・ウェルティー考 -- 記憶を中心に
       
30号 1975.3
浜本武雄
シャーウッド・アンダソン特集 アンダソンにおける現実捕捉
   
小原広忠
シャーウッド・アンダソン特集 アンダソンと近代絵画
   
志村正雄
シャーウッド・アンダソン特集 アンダソンを考えるための私的なノート
   
笹原洸
Dragon country -- Tennessee Williams 戯曲の原点
   
鈴木裕子
アメリカ初期の戯曲と Americanness について
   
中村一夫
カースン・マッカラーズ論(一)『心は孤独な狩人』と『ワインズバーグ・オハイオ』