トップ 歴史・沿革 役員・会則 スケジュール 入会案内 投稿規定・論文タイトル 活動報告

 

支部会報バックナンバー情報(20〜29号)
印があるものは、残部があります)

発行年月
著者
著者・論文タイトル
       
29号
1974.2
有賀文康

遊びとルール --E.オールビー『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない』について

 
石浩司
オルビー『動物園物語』における『バートルビー』-- 素材の構造の類似性
 
 
山名章二
Ezra Pound の "The River-Merchant's Wife: a Letter" の意味と構造
   
内田恭子
Henry James における芸術家像 -- Roderick Hudson を中心に
   
板橋好枝
(書評)『アメリカ自然主義文学論』(大井浩二)
   
 
28号 1973.4
有賀文康
シンポジアム「アメリカ演劇のアメリカらしさ」とは 「アメリカ演劇のアメリカらしさ」-- 司会者の立場から
   
佐多真徳
シンポジアム「アメリカ演劇のアメリカらしさ」とは アメリカ演劇の「アメリカらしさ」の確立
   
鈴木周二
シンポジアム「アメリカ演劇のアメリカらしさ」とは アメリカ演劇のアメリカらしさ
   
渡辺利雄
(書評)『マーク・トウェイン研究 -- 思想と言語の展開』(吉田弘重)
     
27号
1972.8
佐藤千春
『改革者』としてのエマソン像 --「思索」と「行動」のディレンマ
南隆夫
ハーマン・メルヴィル試論 -- 究極の探求と「未完」の形而上学
両角千江子
怪物と英雄と変身と -- ホーソンの神話物語の示す人間存在
寺門泰彦
スタンリー・エルキン -- 実存と他者
岡田量一
『ジョージの母』の世界
   
菅原英男
ヘミングウェイの二元性 -- 経験と意識と
   
後藤昭次
(書評) The Unitarian Concience (Daniel W. Howe)
   
利沢行夫
(書評)『ノーマン・メイラー』(野島秀勝)
     
26号 1972.4
Robert Sklar
Thomas Pynchon: Young American Novelist
   
常田四郎
『草の葉』初版の世界
有賀文康
崩壊の詩 -- オニール『夜への長い旅路』試論
広瀬通典
スティーヴン・クレインの詩について
 
須内睦子
ヘンリー・ジェイムズ覚え書 -- "see" の意義について
   
井上和子
クエンティン・コンプソンをめぐって
   
志村正雄
(書評) 最近のガートルード・スタイン研究書など
       
25号
1971.10
西田実
バーナード・マラマッド特集 マラマッドの二つの顔
岩元巌
バーナード・マラマッド特集 バーナード・マラマッド -- その喜劇性の意味
渋谷雄三郎
バーナード・マラマッド特集 Shtetle-Ghetto-Italy -- マラマッドの短篇について
浜野成生
バーナード・マラマッド特集 マラマッドにおける Activist Heroes
稲沢秀夫
人間の傷つきやすさについて -- ワイウッディへの序章
   
國重純二
N.ホーソーン --「ラパチーニの娘」を中心に
   
長田茂
キャサリン・アン・ポーターの出発 -- メキシコ革命の記憶
 
24号 1971.6

James R. Baird

Some Aspects of the Waste Land in Melville's Clarel
   
志村正雄
ジョン・バース『行きつくところ』とアメリカ文学の伝統
   
小池美佐子
ユージン・オニール研究(その二)-- オニール研究における問題点(2)
   
田中剛
ヘンリー・アダムズ『デモクラシー』--「リー夫人の教育をめぐって」
   
小野章
シルビア・プラスについて
   
板津由基郷
(書評) Thematic Design in the Novels of John Steinbeck (Lester J. Marks)
   
村山淳彦
(書評) Ellen Moers: Two Dreisers と最近のドライサー研究
       
23号 1970.8
船戸英夫
T.S.エリオットの宗教
   
亀山昭夫
青年ドライサーと都会のイメージ --『シスター・キャリー』序章
   
細越和子
ホーソーンとジェイムズ -- ロマンスから小説へ
   
小山驥
スティーヴンズとウィリアムズの想像力
   
勝浦吉雄
「日本におけるマーク・トウェイン」-- 文献目録(その2)
   
Mary C. DeJong
Didacticism and Irony in the Poetry of Robert Frost
   
斎藤光
(書評)『アメリカ・ルネサンス序説』(酒本雅之)
   
島田太郎
(書評)『鏡と影』(鈴木重吉)
   
末永国明
(書評) An Unfinished Woman, a Memoir (Lillian Hellman)
       
22号 1969.12
小原広忠
シカゴ・ルネッサンス特集 シカゴ・ルネッサンスの洗礼とアンダソンの開眼
   
後藤昭次
シカゴ・ルネッサンス特集 想像力と文体 -- シャーウッド・アンダソンの場合
   
宮本陽吉
シカゴ・ルネッサンス特集 シャーウッド・アンダソンの評価
   
徳永暢三
シカゴ・ルネッサンス特集 Hart Crane 評価の一考察
   
関口功
(書評) Black Fire (Ed. LeRoi Jones & Larry Neal)
   
宮田斉
(書評) The American Language (H. L. Mencken)
   
林信行
(書評)『神の沈黙 -- ハーマン・メルヴィルの本質作品』(寺田建比古)
       
21号 1969.5
八木敏雄
ピンチョン家の崩壊
   
岩元巌
The Deer Park における Sergius O'Shaugnessy の意味
   
武田勝彦
サリンジャーの "Go See Eddie" をめぐって
   
山名章二
動揺する根底 -- オニールの主潮
   
尾上政次
上代日本語の逆成法(5)
   
原田敬一
(書評) Melville and Hawthorne in the Berkshires (Ed. Howard P. Vincent)
   
板津由基郷
(書評) The Company She Kept (Doris Grumbach)
   
渥美昭夫
(書評)『エドガア・ポオ論考』(江口裕子)
       
20号 1969.2
渋谷雄三郎
アメリカ文化の中のソール・ベロウ -- ユダヤ系二世作家として
   
橋本宏
『響きと怒り』における愛の崩壊
   
武田千枝子
ヘンリー・ジェイムズの小説におけるヨーロッパ化されたアメリカ人について --『リヴァーバレイター紙』を中心として
   
常田四郎
《カラマス》詩群出生の秘密 -- <個別者的交わり>のモティーフについて
   
中里晴彦
E.A.ポーの二つの序文 --「--氏への手紙」と『ユリイカ』の序文
   
来住正三
(書評) Seasons of Discontent (Robert Brustein)
   
大場啓仁
(書評) Thomas Wolfe (Andrew Turnbull)
   
福田光治
(書評) One First Love: The Letters of Ellen Louisa Tucker to Ralph Waldo Emerson (Ed. Edith W. Gregg)