トップ 歴史・沿革 役員・会則 スケジュール 入会案内 投稿規定・論文タイトル 活動報告

 

支部会報バックナンバー情報(50〜59号)
印があるものは、残部があります)

発行年月
著者
著者・論文タイトル
       
59号
1998.6
稲垣伸一

Henry James: The Bostonians におけるオカルト・ラディカリズムの表象

 
中村亨
「野蛮」への憧憬--Hemingway とアウトドアスポーツ
 
 
大脇美智子
児童文学におけるレズビアン表象の意味
   
早坂彰修
「熱死」刑を宣告する--Thomas Pynchon の Gravity's Rainbow における熱力学の役割について
   
 
58号 1997.6
杉山直子
シンポジウム:アメリカ文学と「青い性」 カーソン・マッカラーズにおける少女のセクシュアリティ
   
舌津智之
シンポジウム:アメリカ文学と「青い性」 青いジャンルの誘惑 --『欲望という名の電車』とエドガー・アラン・ポウ
   
佐藤宏子
シンポジウム:アメリカ文学と「青い性」 アメリカ文学と「青い性」--「父の書斎」と「母の庭」
   
神定修一
Wallace Stevens におけるジェンダー・アイデンティティー
   
奥村直史
"Big Two-Hearted River" -- ニック・アダムズのケレンシア,そしてセザンヌ
   
長瀬美智子
変化が生む永続の意味 -- Sula論
     
57号
1996.6
大野祥子
Edith Wharton のサンクチュアリ -- 倫理と貞潔の意味
照沼かほる
Flannery O'Connor の母娘物語にみる女性像
吉田朋正
批評のハムレット -- T・S・エリオットと釈義
麻生享志
Gravity's Rainbow における「書くこと」のアレゴリー
村松美映子
心理描写の陰影 -- Picturing Will
市賀弘之
O'Neill の晩年の劇における名前を持つ不在者達
     
56号 1995.6
Maho Suzuki
Hawthorne's Headless Hester
   
松崎博
Hawthorne の美の教育:時代の趣味と The Marble Faun
金澤淳子
Emily Dickinson --「蒸留」の詩学
Robert Hirshfield
Motifs in Islands in the Stream and The Garden of Eden
 
Nobue Urushihara
Pregnancy and Impregnability in Eudora Welty's Short Stories
   
尾崎俊介
交錯する聖と俗の図式:Flannery O'Connor "The Artificial Nigger" について
   
鈴木淑美
語る言葉・食べる言葉 -- Sylvia Plath の修辞学
   
坂野明子
ポートノイとアメリカ
   
Kyoko Murakami
Pynchon and an Argument against a One-Dimensional World: The Case of The Crying of Lot 49
   
西本あづさ
口承の歴史の再現 -- Jazz におけるグリオ Morrison の試み
   
遠藤晶子
Multiculturalism:Vertical から horizontal へ -- Bharati Mukherjee の Jasmine におけるナショナリズムとセクシュアリティ
   
堀真理子
新たな歴史の構築に向けて -- アメリカ女性演劇におけるマイノリティの台頭(Gender and/or Ethnicity 議論のための研究ノート)
       
55号
1994.6
沼田知加
"a Legend, prolonging itself" -- 『七破風の屋敷』の始まりと終わり
Takeshi Narasaki
Walt Whitman and the City
大矢健
The Unnaturalized Naturalism of McTeague
長畑明利
John Ashbery における疑似ダイアローグ -- モノローグ性回避の試み
栩木玲子
Bret Easton Ellis: American Psycho
 
54号 1993.6
水田宗子
シンポジューム:詩とジェンダー -- アメリカ現代詩人を中心に 詩とジェンダーの現在 -- モダニズム/フェミニズムの深層への下降と神話志向のあとに
   
田所明
シンポジューム:詩とジェンダー -- アメリカ現代詩人を中心に マリアン・ムアとエリザベス・ビショップ
   
渡部桃子
シンポジューム:詩とジェンダー -- アメリカ現代詩人を中心に アドリエンヌ・リッチ
   
朝比奈緑
アドリエンヌ・リッチとエミリ・ディキンスン
   
上野直子
ひびわれる「女の完成」
       
53号 1992.8
難波雅紀
The Antinomian Controversy の一考察 -- ウィンスロップの『ニューイングランド史』をめぐって
   
Kazuyoshi Takano
Politics of Self-Reliance: Emerson and Young America
   
宮本真理子
E. W. Kemble のハック像
   
堀真理子
ジェンダーを越える試み -- Theatre of the Ridiculous と Split Britches を中心に
       
52号 1991.4
大社淑子
シンポジウム・黒人女性文学は抵抗文学か トニ・モリスンの場合
   
風呂本惇子
シンポジウム・黒人女性文学は抵抗文学か オクティヴァ・バトラーの場合
   
河地和子
シンポジウム・黒人女性文学は抵抗文学か アリス・ウォーカーの場合
   
John J. Dorsey
August Wilson: The History Lesson
   
岡本正明
トマス・ウルフの作品と民衆的形式
   
小林富久子
母性の再定義 --『アンクル・トムの小屋』とラディカル・フェミニズム
       
51号 1990.9
Kaoru Katsuta
The Image of God in the Poetry of Emily Dickinson
   
鈴木透
アメリカのアラム -- William Saroyan 再考
   
上杉明
フィジオノミーのドラマ -- Bellow の近作を中心に
   
赤尾千波
ルートワーカーの見極めたもの -- アリス・ウォーカー短篇再読
   
堀真理子
サッフォーの後継者たち -- 新しい芸術的感性を求めて
       
50号 1989.12
Fumiko Morita
Jo/Jean's Masquerade: Acting and Action in Louisa May Alcott
   
斎藤悦子
ハックルベリー・フィンの曖昧さのメカニズム -- 読者論の視点から
   
利根川真紀
グロテスク,時間,他者 --『スーラ』をめぐって
   
Naomi Tonooka
Meredith Monk: Feminism and Postmodernism
   
高野一良
Apocryphal The Whale:もう一つの『白鯨』
   
飯野友幸
「80年代のアイアムビック」-- New Formalism の詩と詩論
    日本アメリカ文学会東京支部会報『アメリカ文学』既刊目次