トップ 歴史・沿革 役員・会則 スケジュール 入会案内 投稿規定・論文タイトル 活動報告

 

支部会報バックナンバー情報(60〜69号)
印があるものは、残部があります)

発行年月
著者
著者・論文タイトル
69号 2008.6
大久保良子
「黒さ」と想像力 --『ハックルベリー・フィンの冒険』に見る擬似的母子関係
   
三添篤郎
対抗するサウンドスケープ --『オン・ザ・ロード』における音響ネットワークの形成
   
佐藤直子
原因としての偶然 -- ポール・オースターの『ガラスの街』
   
余田真也

ネイティヴとポップの交わるところ -- Sherman AlexieのReservation Blues

   
NAGANOYoshihiro
Interrupting the Narrative of Progress: Richard Power’s Gain
       
68号 2007.6
野崎直之
「痣」を読む -- 超絶主義者エイルマーと「人間機械」アミナダブ
   
川谷弘子
戦場の泥 -- メアリー・ボーデン『禁断の領域』における戦争表象
   
相原直美
回想の未来 -- リリアン・ヘルマンの『子供の時間』再読
   
松田智穂子
Derek Walcott の Pantomime (1978) にみる三つのパントマイム
   
阿部暁帆
Tar Baby におけるカリブの自然と女−−エコロジカル・フェミニズムからの考察
   
寺澤由紀子
チカーナボディと境界のポリティクス−−Karen Tei Yamashita の Tropic of Orange
       
67号
2006.6
増田久美子

領域のポリティクス -- セアラ・J・ヘイル『女演説家』の場合

 
庄司宏子
共感とメスメリズム --『ブライズデール・ロマンス』に見られるセンチメンタリズムの欲望
 
 
大理奈穂子
「寝室ではなく法廷で」--『ビリー・バッド』の親族関係論
   
首藤理彩子
『新世界より』から『ラインの黄金』へ−世紀転換期のアメリカ音楽界と『ひばりの歌』におけるシーア
   
辻秀雄
初期ヘミングウェイ文学に登場する黒人ボクサーの系譜--モダニスト的言語運用と異人種間性的関係のメタファー
   
佐竹由帆
アナイス・ニンに見る外見と自己認識の関係
   
笠原一郎
神と機械--ロバート・フロストの宗教・科学・自然
   
金澤淳子
「想像の地理学」--エリザベス・ビショップとエミリ・ディキンソン
   
五島一美
「法的には白人,社会的には非白人」−−メキシコ系アメリカ人の人種問題と文学
     
66号
2005.6
佐藤憲一
書簡から記事へ--ニューイングランド自然誌の生成論
若林麻希子
ジェフリー・クレヨンのセンチメンタル・ジャーニー--ワシントン・アーヴィングの『スケッチ・ブック』
朝比奈緑
エミリ・ディキンスンの Radical Scatters を読む
中垣恒太郎
マーク・トウェインのコロンブス--起源への探求
花田愛
放浪の表象--ドス・パソスの『マンハッタン乗換駅』と『USA』を中心に
緒方けいこ
見られたい男ディック・ダイバーの Masculinity--視線の力学で読む Tender Is the Night
山口和彦
ポール・オースター『ニューヨーク三部作』における探偵小説言説−−ポオの再利用を通して
     
65号 2004.6
諏訪部浩一
ダーク・レディの死とロマンスの死--『ブライズデイル・ロマンス』におけるカヴァデイルのナラティヴ
   
生駒久実
マーク・トウェインの『まぬけのウィルソン』における感傷主義とレイシズム
HORI Tomohiro
Fantasies of the Public Sphere: Notes on Henry Adams' "Bourgeois Ideology"
上原正博
自己表象としての音楽,あるいは『夜はやさし』における「魂の麻薬」
 
池田辰之
「周縁」の放浪者--ジャック・ケルアックの「メキシコ」表象
   
NAGANO Yoshihiro
Attraction and Repulsion: Colonial Desire in Thomas Pynchon's Mason & Dixon
   
YAMAUCHI Koichiro
Michael Palmer's "the Other Voice": A Reading of "The Promises of Glass"
       
64号
2003.6
安田努
不条理な英雄--メルヴィルの『イスラエル・ポッター』とカミュの『シシューポスの神話』
原田明子
表象としての "Handsome Sailor"--「ビリー・バッド」における代弁について
KOBAYASHI Masaomi
Money, Economy, and Interdisciplinarity: A Critical Dialogue between Literature and Economics in the Early Works of Henry James
SUWABE Koichi
Gender in The Sun Also Rises
塚田幸光
ゴーストワールド--Flags in the Dust における女性と南部
権田建二
リチャード・ライトの『ネイティヴ・サン』における分裂というテーマ
   
NAGANO Yoshihiro
Risk, Expertise, and Cult Mysteries: Don DeLillo's White Noise
         
63号 2002.6
國重純二
シンポジウム:戦後アメリカ文学の軌跡 伝えるモノと受け継ぐモノ
   
井上謙治
シンポジウム:戦後アメリカ文学の軌跡 思いつくままに--アップダイクを主として
   
志村正雄
シンポジウム:戦後アメリカ文学の軌跡 バースとアプダイク
   
KOBAYASHI Masaomi
Writing Women and Environments: Toward a New Understanding of Faulkner's Ecology
 
稲垣伸一
The Blithedale Romance における医療改革とメスメリズム
   
YAMAGUCHI Kazuhiko
The Modernist Universalization of the Self and the Postmodernist Textual Construction of the Self: Hemingway's For Whom the Bell Tolls and Vonnegut's Slaughterhouse-Five
       
62号 2001.6
NAKAMURA Rika
Resistance, "'Asian' Woman," and Agency: Culturalism and the Idea of Social Injustice in Mitsuye Yamada's Work
   
塚田幸光
亡霊たちの会食--Light in August における記憶と南部
   
日下隆司
判断を留保すること--The Great Gatsby における写真と語り
   
加藤由里子
他者との遭遇--Mark Twain, A Connecticut Yankee in King Arthur's Court に見る帝国主義の方法
   
安田努
青ざめた勝利--メルヴィルの「バートルビー」における古代ローマのイメージ
       
61号 2000.6
高橋雄一郎
見物される未開人:グィエルモ・ゴメス=ペーニャとココ・フスコのパフォーマンス,『未発見のアメリカ・インディアンが○○にやって来る』と,驚きを体験させる文化装置としてのミュージアム,演劇,ツーリズムが提起する諸問題
   
権田建二
トルーマン・カポーティの『冷血』における死刑と報復の論理
   
茅野佳子
Restored Childhood Memories in Peter Taylor's Fiction: Social Learning and Its Consequences
   
深谷素子
獲得することによる「心の破産」--Fitzgerald の "Emotion Bankruptcy" と大量消費時代
   
宇野雅章
Thomas Fry はなぜ裁かれたのか? -- The Confidence-Man 第19章を読み解く
       
60号 1999.6
金澤淳子
詩的主題の<流通>--エマソンからディキンソンへ
   
富田直久
No. 44, The Mysterious Stranger の20世紀的ヴィジョン
   
山内功一郎
Pound in "Passages": Robert Duncan's Revisionism and Admiration of His Master
   
富山英俊
アレン・ギンズバーグのアメリカ帝国主義
   
北川典子
闇に包まれた女たち -- ホロコースト生存者 Ilona Karmel の An Estate of Memory