2018年度日本アメリカ文学会東京支部活動状況

4月例会
日時:2018年4月14日(土)午後2時より
場所:慶應義塾大学三田キャンパス南校舎4階 445教室

■ 特別講演

“It’s all one case.” —Ross Macdonaldをめぐって
講師:若島正(京都大学名誉教授)
司会:諏訪部浩一(東京大学)

*特別講演終了後、支部総会を開催。

 

5月例会
日時:2018年5月26日(土)午後1時半より
場所:慶應義塾大学三田キャンパス南校舎4階 443教室

■ 研究発表

エマソンの善意と弱点
エッセイ“Compensation”を読む
講師:堀内正規(早稲田大学)
司会:折島正司(青山学院大学名誉教授)

■ 分科会

近代散文:死を見ること
Poeの“The Facts in the Case of M. Valdemar”におけるゴシック美学の変容
福島祥一郎(東京電機大学)

現代散文:ダンス・ウィズ・ペイン
Save Me the Waltzにおける自己像の語りなおし
羽場百合愛(津田塾大学・院)

詩:E. A. PoeとPaul Simonの “Silence”
Thomas Hoodの詩を手がかりとして
宇佐教子(首都大学東京・非)

演劇・表象:育児とメロドラマ
『クレイマー、クレイマー』における感情と新自由主義
関口洋平(明治学院大学・非)

*分科会終了後、支部運営委員会を開催。
 
 

6月例会
日時:2018年6月30日(土)午後1時半より
場所:慶應義塾大学三田キャンパス西校舎 513 教室

■ シンポジウム

ハーレム・ルネサンス再訪
司会・講師:竹谷悦子(筑波大学)
講師:三石庸子(東洋大学)
講師:佐久間由梨(専修大学)
講師:千代田夏夫(鹿児島大学)
 

■ 分科会

近代散文:「世間」の中で生きること
The Portrait of a Lady における資本主義的価値体系のレッスン
斎藤寿葉(早稲田大学・院)

現代散文:Faulknerの Sanctuary 改稿における冒頭部の再配置
岡田大樹(専修大学・非)

詩:G. Snyderと大地の時間
Mountains and Rivers Without End におけるnon-humanのまなざし
戸張雅登(日本工業大学・非)

演劇・表象:ディズニー・ミュージカルの日本受容
劇団四季の理想とスターシステム
武田寿恵(神奈川工科大学・非)

*分科会終了後、支部運営委員会を開催。